スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石先生カップルに聞くスローとクイックの誤解あるある

社交ダンスラジオ番組ダンスウェーブオフィシャルライターNaoです。

 

本日は白石智樹・香織先生カップルによる、ダンスウェーブレッスンをお送りします。


{64A6B27B-ED3F-45AE-AB70-30DE147A5F4D}

 

 

 

||そもそもダンスウェーブレッスンとは

 

番組で人気の「ダンスウェーブレッスン」のコーナー。

 

「明日からできる」ダンスのコツがテーマです。

 

実はわたくし、体を動かすダンスにおいて、

 

「ラジオでレッスンってナンジャラホイ……」

 

と当初は思っていたのですが。※加地さん、ごめんなw

 

収録を聞いているうちに、

 

言葉でイメージを作るってとっても大事!!

 

と実感するようになりました。

 

そしてトッププロの言葉は、語るだけでとても雄弁です。

※そして熱が入るあまり、体を動かしてマイクから外れそうになるプロもw。

 

リスナーさんにも好評で、競技会で遠征の際に車の中で聞いているというお声もよくいただきます。

 

 

 

||スローフォックストロットはライズする

 

さて、白石先生によるNGスローはズバリ!!

 

{CB53BF85-9B68-4A5E-A6AE-138B5936DF43}

スローは上下しない、低く踊る

 

という誤解。ダメ、これ、絶対ダメ!

 

その結果スイングのない、スローらしからぬスローになってしまうのだそうです。

白石先生「ノーフットライズという言葉は実にスローの特性をよく表していると思います」

つまり、ワルツのように足がライズするわけではないけれど、

 

ボディを使ってライズする

ということ。

香織先生「コアを使って、音楽に合わせて自分のボディを引き上げていく」

香織先生「最後は気持ち良く、ブランコのようにスイングを」

時には大げさなくらいストレッチして踊ってみると、スローらしいスローになっていくそうです。

 

 

 

||クイックステップは「スロー」のイメージで

 

クイックステップでよくある失敗は、固めてしまうこと。

 

スピードに負けて、ステップの終わりで動きを止めにかかってしまう。

 

上記のスローと違い、テクニックを誤解して止まってしまうわけではないようです。

 

スピードに負けて、ついついそうなってしまうのですね……。※ああ、身に覚えがありすぎて耳が痛い(゚ー゚;

 

{F659F3E8-E40A-4C7F-B4DC-180B0EED4B29}

推進力が止まり、次のステップでエンジンがかからなくなり、パートナーと踊りが合わなくなったり、音に合わなくなったり。

白石先生「そもそも、スローとクイックは元は同じダンスなんですよ」

白石先生「速さでできるできないがあるだけで、同じものです」

クイックもスイングダンスである

 

ということを忘れないで欲しいと白石先生は解説します。

香織先生「特に、コントラチェックがわかりやすいかな」

香織先生「スローのスイングのように、エネルギーが抜けていくイメージで」

スローとクイックで同じイメージで踊るというのは、新鮮な発想ですよねー。

 

みなさん、ぜひやってみてください。

 

 

 

【社交ダンスラジオ番組ダンスウェーブ】
毎週水曜日20:00~

(同日深夜0:00~再放送)

ダンスウェーブ公式HPから直接聴ける!
過去の放送はいつでも何度でも聴ける!

ダンスウェーブ

【くつぞこダンスウェーブ】
くつぞこ花子×ダンスウェーブ。
ダンサーのための滑り止め!スピードダンサーの必需品!
以下より購入可能。

ダンスウェーブセレクション

 

※画像はサイトからお借りしている場合がございます。掲載に不適切な場合は、お知らせ下さい。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ダンスウェーブ

Author:ダンスウェーブ
社交ダンス情報ラジオ番組ダンスウェーブの公式ブログです。全国から聴ける社交ダンス専門のラジオ場組!豪華すぎるゲストの声をお楽しみください!

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。