スラヴィック&カリーナ引退(WSSダンスフェスティバル2018)

社交ダンスラジオ番組ダンスウェーブ、オフィシャルライターNaoです。
この週末、2018年8月11日及び12日の二日間、ワールド・スーパースターズダンスフェスティバルが開催されました。
毛塚ダンスアートアカデミー主催にて、年に一度世界各国からチャンピオンやファイナリストが一堂に会する夢のイベントです。

2018年のトピックといえば、何と言ってもSlavik Kryklyvyy&Karina Smirnoff(スラヴィック・クリクリヴィー&カリーナ・スマノフ)のカップル解消、デモンストレーションからの引退です。

このワールドスーパースターズを最後に、この二人のデモンストレーションを見ることはできなくなります。

スラヴィックは2000年にアマチュアチャンピオンとなり、注目を浴びる中でのターンプロ、2005年までカリーナとカップルを結成しました。
そのオシャレで斬新な踏風に世界中が衝撃を受け、ブライアン・ワトソン&カルメンに次いで世界二番手まで登りつめます。
その対照的なダンスに、ダンス愛好家はブライアン派とスラヴィック派に二分され、毎回どんな戦いが繰り広げられるか熱狂したものでした。

ちなみに、スラヴィックは米国版Shall We Dance?にジェニファー・ロペスのプロ時代のパートナー役として出演もしています。

日本国内の試合で、
「ジェニファーとカリーナどちらがいい?」
とインタビューで聞かれ、
「あー、えーと、とにかくジェニファーとの出演はいい思い出なんだ」
と言葉を濁し、”I do not blame him.”(私は彼を責めないわよ)とカリーナの笑いを誘ったお茶目な一面も持ち合わせています。

そんな彼らのダンスやキャラクターにはファンも多く、カリーナとのカップル解消後、スラヴィックの数度の他ダンサーとのカップル結成&解消にも関わらず、
「再びカリーナとのペアが見たい」
と多くの声が寄せられました。そんな声に応える形で、ここ数年はこの二人でのデモンストレーションを披露していました。

そして、この日を限りにこのペアのダンスを見ることも無くなります。ワールドスーパースターズには特別な思い出があるようで、本来予定していた解消を昨日まで待っての引退となりました。

「今日は二人の人生で最も美しい日の一つ」

とコメントを寄せてくれた二人。

どんな思いでラストナンバーを踊ったのでしょうか……。


そして、今回の取材にあたっては、毛塚ダンスアートアカデミーの一村浩祐先生・鈴木隆士先生に番組にご出演頂き、リスナーへの招待券プレゼントキャンペーンなどのご厚意をいただきました。

本当にありがとうございます!
リスナーの皆様にこのようなダンス界の歴史的瞬間に触れていただけるよう、今後も番組としても尽力していきたいと思います。

(オマケ)
胴上げでもやたらと姿勢のいいスラヴィック

メッチャ笑顔のカリーナ♪


【社交ダンス情報ラジオ番組 ダンスウェーブ】
●公式サイトより全国からお聴きいただけます!●
http://www.dance-wave.com
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

ダンスウェーブ

Author:ダンスウェーブ
社交ダンス情報ラジオ番組ダンスウェーブの公式ブログです。全国から聴ける社交ダンス専門のラジオ場組!豪華すぎるゲストの声をお楽しみください!

最新記事

検索フォーム