FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンスガラ練習取材12.5cmの秘密とは?

社交ダンスラジオ情報番組ダンスウェーブNaoです。
TNKS主催DANCE GALA特集、第二弾!

この日の練習は鮫口ダンス教室、チームリーダーは加治屋貴士先生です。

シーン4のセカンドナンバー”Recard Bosa Nova”の振り付け、練習を行います。元々はブラジルのジャルマ・フェヘイラ(Djalma Ferreira)が1959年に作曲したボサノヴァの曲ですが、日本での人気も高く、ジャズのスタンダードナンバーとして有名ですね。

オーセンティックなバーのカウンターで、しっとりと飲んでいる時に聞きたいような曲調です。

社交ダンスの種目としては「サンバ」なのですが、通常は弾けたアップテンポなイメージを、大人でムーディーに表現するというのがショーならでは。今回の”A Hot Jazz Night in NY”のテーマに相応しい演目ですね。

会場にお邪魔すると、清水舞先生と高嶋聖美先生が早速、小道具の打ち合わせを始めていました。

ちなみに、DANCE GALAは衣装や小道具まで、出演者のこだわりが詰まっています。バーに欠かせないグラス、パープルの物は、以前加治屋先生と舞先生が舞台で使用したものを再利用。
2017年舞台POISONより

グリーンのグラスはパープルのグラスに合わせて、探してきたものだそうです。

去年のコミックのシーンで使った額縁も、イメージに合ったものを探してきて、さらに塗装したとか。

さてさて、この日のメンバーは村田組、松本組、加治屋組、鮫口組、鈴木組、高木組。

既に振りは入っている上に、さすがトップ選手&ベテランの皆さん。「とりあえず1回やってみよっか」でもかなりの精度。

加治屋先生のこの場面のこだわりは「それぞれのキャラクターをしっかり出す」だそうです。バーのお客様をイメージしているので、
「しっとりと飲んでいてもいいし、チャラくてもいいし、カウンターで女性を口説いていてもいい」
こういう振付はそれぞれでオッケー

全てを合わせる必要がなく、肝心なポイントだけビシッと合っていればオッケーとのこと。

あえて合わせない振り付けもある分、合わせるところはビシッと合わせていきます。

例えばここでは、女性男性の立ち位置が半分ずれている状態。

加治屋先生「12.5cmずらして!」
※ もちろん冗談です

鈴木先生「12.5cm……えーと、俺の足のサイズの半分くらい???」

加治屋先生「(フォーメーションを)『へ』!にしたいんだよ。『へ』!!」

希望先生「これって逆『へ』じゃない?」
まりあ先生「なんで『へ』?」
っていうか、『ハ』ではないだろうか。
加治屋先生「移動量的にそうなるはずなんだけど」
※結局普通に横一列になりました

遅れて練習に参加して高木先生も、その間の練習の変更点を聖美先生から伝えてもらったり。

周囲のメンバーもフォローします。こういう時に頼りになるのが、みんなの兄貴分、鮫口先生。

高木先生本人的にはテンパっていたようですが、私にはものの1−2回であっという間に追いついたようにしか見えません。

みなさん、お仕事後でお疲れのところこの日の練習も笑いが絶えず。



最後はみんなで動画をチェックして終了となりました。

ちなみに、この日の参加メンバーは、半数がソロデモンストレーションを披露する方々

ダンスガラ2017 ゴーカート


村田先生と松本先生にソロについて聞いてみました。

松本先生「自分たちのショーのナンバーから、ジャズのイメージに合わせて選びました。正確にはジャズじゃないんだけど(笑)」
2017ダンスガラ パレード


村田先生「瀬古先生と相談して、ジャズナンバーから曲を選んで調整中!」

とのことです。
どんなソロデモンストレーションが見られるのか、こちらも期待大……♪

オマケ
動画撮影のために、スマホを棚の上にセットする舞先生

【社交ダンス情報ラジオ番組 ダンスウェーブ】
●公式サイトより全国からお聴きいただけます!●
http://www.dance-wave.com
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ダンスウェーブ

Author:ダンスウェーブ
社交ダンス情報ラジオ番組ダンスウェーブの公式ブログです。全国から聴ける社交ダンス専門のラジオ場組!豪華すぎるゲストの声をお楽しみください!

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。